女性労働問題研究会 Society for Study of Working Women SSWW
イベント情報 会誌『女性労働研究』 サブ研情報 会員エッセー集
SSWWとは
どんなことをしているのか
代表からのメッセージ
組織と役員
会則その他の各種規定
入会案内
フォト・ギャラリー
リンク集
会員専用ページ
 
 
◆女性労働問題研究会のHPを、徐々に移設いたします。
女性労働問題研究会のイベント情報については、移設先のHPにアップしていきます。
http://mailssww.wix.com/ssww をご覧ください。URLの登録をお願いします。

◆『女性労働研究』61号の投稿論文については、こちらの「女性労働研究執筆要領」
 ご確認頂くと共に、こちらの「投稿論文応募用紙」に必要事項をご記入の上、応募用紙記載の
 送付先に投稿論文を添えてお送りください。

◆日本学術会議の提言 
 「いまこそ「包摂する社会」の基盤づくりを」が発表されました。
 詳細については、こちらのPDFをご覧ください
 
◆女性労働問題研究会のパンフレットが作成されました。
パンフレットにつきまして、こちらからダウンロードしてください

◆社会政策関連学会協議員の清山玲氏によるレポート、
「女性研究者の仕事と家庭の両立をめぐる問題と支援策」が公開されました。
詳細は、こちらをご覧ください

◆「若手教員の雇用環境に関するアンケート調査結果」をこちらに貼付します。
この問題について、社会政策関連学会協議会で議論された際の資料になります。
       
What's New  新着情報


会誌『女性労働研究 No.60』
  女性労働問題研究会は、男女平等と均等待遇の実現、女性の解放をめざして労働と生活に関わる問題をジェンダーの視点から研究し、その成果を運動や実践に活かすことを目的としています。
  当研究会の特徴300名余の会員は、研究者だけでなく企業や公務の場で働く女性労働者、弁護士などから成り、職場の実情や働く女性が直面している問題に共同して取り組んでいます。今、パートと正規の賃金・労働条件の均等待遇や、女性と男性の仕事と家庭の“両立支援”、職場で多発する非正規社員へのパワー・ハラスメントやセクシュアル・ハラスメントは、働く女性と研究者との共通のテーマです。
 各種研究会や会誌では、会員の周辺に厳存する労働の実態に基づいた考察と研究、検証と会員相互の自由な意見交換に依っていることを特色としています。
『女性労働研究』60号、3月発刊!
 目次と購入申し込み用紙は
こちら!
  
  申込先:学協会サポートセンター 
     E:mail: scs@gakkyokai.jp / FAX:  045-671-1935

 
女性労働問題研究会の活動についてのお問い合せは、下記あてにお願いいたします。
If you are interested in our activities, please contact us by e-mail.
e-mail : mailssww【アットマーク】gmail.com
「【アットマーク】」を
@に書き換え、メールをお送りください。

*「季節の花300」より写真提供(http://www.hana300.com