女性労働問題研究会の会員の皆様

        
研究会代表 居城 舜子  


  立春とはいえ寒さも厳しいおり、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。年度末も近くなりさぞお忙しい日々をお暮らしのことと思います。
すでにHPやちらしでお知らせいたしましたように「研究会のありかた検討委員会」が発足し、その第一回の会議が2月6日(土)に開催されました。出席された会員の皆さまからは沢山の貴重なご意見をいただきました。この議論の詳細はHPにてお知らせいたしますし、この議論に関する皆様のご意見を2月中にうかがう予定となっております。よろしくお願いいたします。この会議をたちあげるきっかけとなった役員のなり手不足問題について議論しましたところ、広く人材を探すためにアンケートを実施してはどうか、という提案がありました。会議出席者の同意を得て、早速人材発掘のためのアンケートを実施することになりました。あわせて、2007年以降更新していない会員名簿も新たに作成することになりました。
女性労働問題研究会は、数人の研究会から1980年代、1990年代を経て飛躍的に会員が増え、現在300人余の会員を擁した社会的にもそれなりに認知される研究会へと発展してきました。その陰には、かなりの時間と労力を割いて研究会の活動に貢献されてきた役員の方たちがいたことに思いを致していただければと思います。研究会の存廃問題にもなりかねない状況下で、今後の研究会の存続と発展のために、それぞれの会員が可能な範囲で何か貢献していただけることがありましたら、回答していただければ幸いです。寄せられました回答を斟酌して今後の研究会のありかたを検討したいと思います。また、皆様が現在関心をもっておられるテーマや雑誌の特集やセミナーの企画についての要望なども記入していただければ幸いです。
アンケートの締め切り日と送付先は以下の通りです。よろしくお願いいたします。

 アンケート締め切り日:2010年3月20日(土)
 アンケート送付先  :〒231-0023 横浜市中区山下町194−502
             学協会サポートセンター内
             女性労働問題研究会

                            2010年2月14日  女性労働問題研究会代表 居城 舜子

※なお、このアンケート用紙をダウンロードし、記入の上、居城(ishiro-s@uv.tnc.ne.jp)に送信していただいてもけっこうです。